忍者ブログ
主に文芸書などの読後感想をメインに独断と偏見大いにありで呟いていこうと思います。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
NHKの深夜テレビでの影響だから、不純な動機である。よみはじめた「ああ無常」。正義派で青臭いユゴーのようだが、テレビでは涙するほどの感動だった。俳優がいい、ジャンバルジャンと、それを追いかける黒人警部。本ではまだ彼らは出てこないが、3巻まであるから読みごたえがあるというもの。いつまで感動を持って読み続けられるか、それも興味深い。
PR
二つの庭、風知草など丁寧な描写で面白く読んだ。播州平野は、終戦日のその日から物語が始まる。私が生まれた8月だから初めて知ることだらけである。
7月までに今の書斎となっている店舗事務所を出なければならなくなった。これも時代の流れとみてあきらめるしかない。未読と既読の書籍かなりの数だ。毎日少しづつ部屋に運んでいる。やはり死ぬまでには全部既読とはならないだろう。アルバイトもできなくなる体力となれば、本も読めないし、著述もままならないだろう。何とか生きていく証として、完読を果たしたいものである。
ダンテ「神曲」は天国地獄と現実世界の混合した対話であります。難語や古代歴史の事柄などの羅列で、理解不能のところもありまさに呪文を唱える勤行のつもりで読んでいます。
17世紀イタリアの作家詩人ダンテを、詳しく読んでみようと思う。
70年生きて来て初めて広げた宮本百合子。宮本賢治さんの奥さんだ。どんな気づきが発見できるか楽しみでもある。初めてひも解くなんて、まだまだいくらでもあるだろう、本に限らず。
さすが江藤淳さんの解説は、納得。みなあの調子で作品を解説するには、脱帽である。評論を何も見ないで読み進められなくなるが、一つのオプションとしてとらえればいいだろう。
漱石、硝子戸の仲。まさに日々のエッセイである。きっと随想の走り、見本ではなかろうか。そんな本である。
漱石の「道草」読了。全集第2巻のうち最終編「硝子戸の中」読み始めた。道草の感想はと問われれば、目的地へたどるまでのほんの無駄な瞬間なのだろうか、とも思えるがわれら凡人には充実した日常の一コマだろう。理想高き人の日常に道草は不要なのか。人生の凝縮と解釈しておこうか。
次の「硝子戸の中」はどんな話か、教養と気品あふれる名作、今初めて読み始めたのでした。
漱石の「道草』とダンテの「神曲」。のんびり読み進んでいるが、インテリ家族の、日常生活の漱石と、地獄絵そのもののダンテ。どちらもそれなりに楽しい。全集ものなので、一日2ページほどでいつ読了なるかそれもまた楽しみだ。とりあえず自分に報告であった。
次のページ >>>
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/06 hara]
[12/31 edward佐野]
[12/30 滝沢孝之]
[09/23 edward]
[09/23 末森拓夢]
最新TB
プロフィール
HN:
佐野義也/edward佐野
年齢:
-1980
HP:
性別:
男性
誕生日:
4000/08/30
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.