忍者ブログ
主に文芸書などの読後感想をメインに独断と偏見大いにありで呟いていこうと思います。
[1]  [2
何処の国もいつの時代も、愛の形には変わりはないですね。アンナカレーニナ、みんなに影響を与えて生きていく女性、さて病後の彼女を取り巻く新しい恋人ウロンスキーとの関係の後編はいかに。
PR
新しい発見はあったか。一度は拒否された従姉マドレーヌと結婚後、美青年マルク(映画監督)との熱烈な恋愛。カトリックとプロテスタントの思想併存など、物理的な事実の生涯が鮮明になったことだ。ストレートでなかった才能がなぜかうれしい発見だった。
芥川賞作家清岡卓行(アカシアの大連)の全集に収録の一連のエッセー、掌編はいまさらながら輝きを見ました。龍之介の短編とオーバーラップして…。
モンテルラン・モーリヤック集英社全集読了。フランス文学劇作家とノーベル賞作家20世紀初頭文学。全集ものは、広告のコピーみたいで退屈だ~。
恩師、岩佐晴夫先生は8歳年上の先輩、神奈川工業高等学校木材工芸科の3年間の我々のクラス担任でした。誰もが書けない本音を堂々と書いたのがきっかけで、定年5日前にしていわゆる解雇。そのいきさつ物語です。現場主義の先生でいてと私個人の願望だったのですが、ついに校長にまでその才能は発揮してしまったのでした。その職に就いてからの話です。今でもお付き合いさせていただいている、先輩恩師の著書。読みたい人はご連絡くださいませ。
曽野綾子さん。一切の受賞を断ってきた人だった。この湖水誕生、個人個人のドラマでしたが、やはりあの震災後のこと、原発推進小説みたいで複雑な感想。いま、人からの贈呈本、遅くなってしまったが、「みんな同じ」岩佐晴夫著(高校の時の3年間一緒の担任)シリーズと俳句集「のろ」を同時通読中。
村上春樹さん。青春小説、何処がビートルズ?今日は何回射精したとか、登場人物の女とのセックスだけのノルウェー。あの森はフリーセックスなのかしら。世界的、しかもノーベル賞候補なんて、だれが推薦するのだろうね。どうでもいいけどね。
田辺聖子の、新源氏、薫の物語。読みやすくて、通勤読書にしていても、眠りながらでも読めました。つぎは(下)を読み始めています。田辺聖子さんって天才かな?
やっとやっと吉村昭、金井美恵子、秦恒平全集読了。次は小林秀雄ほかの全集にしますか。ハタハタの不気味さや、えおんたの童話的難解さ。そして秦さんのは鴎外を彷彿とさせる文体。通り一遍の感想でした。なお我が掌編。ホームページにアップしてあります。寄ってくださいませ。
日本画壇も一流になるのは大変そう。友人に(クラス会のときに逢うだけだけど)中島千波という有名人、われらの誇りがいるけれど、やはり大変みたい。上村松園小説、「閨秀」読了。秦恒平好きな作家でした。
HOME 次のページ >>>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/06 hara]
[12/31 edward佐野]
[12/30 滝沢孝之]
[09/23 edward]
[09/23 末森拓夢]
最新TB
プロフィール
HN:
佐野義也/edward佐野
年齢:
-1982
HP:
性別:
男性
誕生日:
4000/08/30
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.